あの日の思い出

3人が参加

俺はスポーツ少年団でソフトボールをしていた。ポジションはセンター。打順は2番。
バッティングはそこそこであったが、バンドが得意で、1番が出塁したら絶対に進塁させられると自負していた。また、捕球が得意でどんなフライも追いついてアウトにできる自信があった。そんなある日、試合に負けた。原因は俺。サインミスでヒッティングをしてしまい、ダブルプレー。そして、目測を誤り、捕れるはずのフライをセンターオーバーのツーベスにしてしまう。結局それで2塁ランナーが本塁に帰りサヨナラ負け。重圧がこれでもかと言うぐらい重く、重くのしかかった。
「あーあぁ、負けちまったなぁ。誰かさんのせいで〜」
付き合っていた彼女にも別れを告げられた。その日から心がぽっかりと空いてしまった。
ブックマーク: 2
3%

***ログインして続きを書いてね!***
ログイン