【重要】サイト閉鎖のお知らせ

下へ移動

上に戻る

名前を変える男

11人が参加
ホラー

人生一度だけって誰が言ったんだい?俺は何度だって人生やり直せると思っている。失敗したら戸籍を変えればいいだけじゃん。俺はもう3回はやり直してるね。繋がりは作り直せばいい。住所は変えればいい。全部自分で書いちゃえばいい。
そう呟き、男は下品な笑い声をあげた。
そしてすぐに氷のように冷たい真顔になった。
戻れない。アルコールやニコチン、大麻と同じ。逃げられない。
書き換えれば書き換えるほど底の見えない深みにハマって逃げられない。
結婚の予定があった。しかし、俺の過去がわからないから相手の親に拒否された。
酒と煙草に溺れた。
ついでにあれにも手を出した。
ヤクは一時の快楽を俺に与えた
だがすぐに周りにばれた。
今度こそはうまくやろう。
おのれの心に、そう誓う。
通りをぶらぶらと歩いていたある日、男はその人と出会った。
惚れた。それが男が最初に彼女に抱いた言葉だ。
つややかな黒い髪、滑らかな白い肌。大きな瞳に、柔らかそうな唇。全体的に小作りな体の、可憐な少女。
道に迷っているのだろうか。あたりをきょろきょろと見まわしている。だが、焦った様子はなく、どことなく落ち着いている印象を受ける。それが人間味を欠いているようで、見る者の胸を締めつけられる。
決めた。男は決意した。
今度こそはうまくやろう。
男はまず彼女のリサーチから始めた。住所、家族構成、好きな食べ物、元カレのタイプ......。ありとあらゆる情報を得た。男は今まで培った裏社会のルートから教えてもらっていた。
ブックマーク: 1
11%

***ログインして続きを書いてね!***
ログイン