見え透いた嘘

1人が参加
恋愛

君は僕に嫌いだ、と言った。金輪際関わらないでくれ、と。
でも、その時の君の表情は悲しそうだったんだ。
僕は君が嘘をついているってすぐわかったよ。
ねえ、何年一緒にいると思ってんの?そう心の中で呟いて置いた。
きっと、君には言えない事情があるんだろ?
僕は待っているよ。それとも迎えに行こうか?
君の去り際、僕は引き留めることはできなかった。
ブックマーク: 0
1%

***ログインして続きを書いてね!***
ログイン